about

バッジテストとは

「安全に、正しく、楽しく」そして「自らなりたい自分に近づく」ために
スキー・スノーボード公認制度は皆さんを応援します。

 SAJは「わが国におけるスキー界及びそのスノーボード界を統括し、代表する団体として、スキー及びそのスノーボードの普及及び振興を図り、もっと国民の心身の健全な発達に寄与する」ことを目的とし、教育本部はスノースポーツに関する指導者及びリーダーの育成と検定会・研修会を開催しております。
 特にスキー指導員制度の歴史は古く昭和14年に第一回指導員検定講習会が開催され、それ以降継続的にスキー指導者の育成に努めてまいりました。

 冬の生活の中にスキーを取り入れることにより「豊かな人生」を得ることを広く一般に定着させるとともに「仲間と楽しく滑りたい」「うまくなりたい、早く滑りたい」さらに「健康になりたい、長生きしたい」という欲求の実現に向けて本制度がサポートする役割を担っております。

「スキー・スノーボード検定」ホームページ開設に際して

 平素より公益財団法人全日本スキー連盟の各種事業へのご理解とご協力、誠にありがとうございます。
 全日本スキー連盟はスキー・スノーボード競技の選手強化・育成を統括する競技団体であると同時に、スノースポーツの普及・振興を大きな目的としており、そのなかでも教育本部はスノースポーツの指導者の養成や資格・検定制度の整備、さらにはスノースポーツの魅力を広める役割を担っております。

 このたび開設に至った「スキー・スノーボード検定」ホームページは、教育本部の主要事業のひとつであるスキー・スノーボード技能テスト(バッジテスト)に特化したサイトとなっております。この技能テストは、これまで全国各地の公認スキー学校などで多くのスノースポーツ愛好者に親しまれてきましたが、一方でこれまでスキーやスノーボードを嗜まれてこられなかった方や、その技能がまだまだ発展途上にある方には、なかなか敷居が高いものでもありました。技能テストの真価は、検定への挑戦によりスキー・スノーボード技術の上達を図り、その技術の上達がさらに多様なスノースポーツの魅力への扉を開いてくれる点にあります。
 本来、スキー・スノーボードの経験や技量を問わず楽しんでいただけるものであり、その本質をより広く、多くの方に知ってもらうために本サイトを立ち上げることとなりました。技能テストに関わるあらゆる情報を整理して、わかりやすくお伝えしていきたいと考えておりますので、ぜひご活用いただければ幸いです。

 また、本サイト開設のもうひとつの目的がグローバル化への対応です。
 近年のインバウンド旅行客の増加に伴い、国内のスキーリゾートへも海外からの観光客の方が押しかけるようになっており、技能テストも国際言語対応や海外での検定開催などが求められています。そうしたご要望にお応えすることで、世界のスノースポーツ愛好家の方に本連盟が展開している技能テストの存在を知っていただき、それをきっかけにして日本のスノースポーツの魅力を世界に発信していくことが可能になると考えております。

 全日本スキー連盟教育本部では、今後もスノースポーツの魅力をさらに広く発信していくような取り組みに励んでまいります。先に挙げたグローバル対応をはじめとして、スキーリゾートや公認スキー学校などと連携した情報発信にも取り組んでまいります。また、本サイトにも登場するデモンストレーターたちを積極的に活用し、スノースポーツの魅力や楽しさを多くの方に知っていただきたいと考えております。本サイトが皆様のスノーライフの充実の一助になりましたら幸甚です。

 

 株式会社日本旅行では、スノースポーツの愛好家の方だけでなく、これからスキー・スノーボードへ関心をもって頂く方も含め、全ての方々がスノースポーツを気軽に楽しんで頂く事を目的に、全日本スキー連盟 教育本部様の特別パートナーとして共にスノースポーツの魅力を広める役割を担わせて頂いております。 

 中でも自らの上達度を測る目安として是非ともスキー・スノーボード技能テスト(バッジテスト)にはぜひチャレンジいただきたいと思います。スキー・スノーボードは楽しく滑ることが第一ですが、検定を受けることによって技術のステップアップの機会となるだけでなく、新たなスキー・スノーボードの楽しさに気付くきっかけとなる事と思います。また、小学生以下を対象としたジュニアバッジテストを通じて、スキー・スノーボードの普及・振興だけではなく、明日を担う子どもたちの健全な育成につながるようバックアップにつとめて参ります。

 本サイトが、国内外問わず多くの方々に、掲載されている様々な情報を通じてスキー・スノーボードの魅力を感じ、スノースポーツへの興味を深めて頂ける場となれば幸いです。
 今後も多くの方がスノースポーツの魅力や楽しさを感じて頂く機会を、全日本スキー連盟様と共に進める様々な取組を通じて創造して参りたいと存じます。